Profile 教師紹介

 山下真由

 

東葛飾高等学校卒業
早稲田大学第一文学部史学科卒業
シンロアカデミー 教師

 
 「学校で勉強したのに、全然話せない」、「学校では文法しか教えてくれなかった」、などという声を聞くことがありますが、通常の学校教育だけですと英会話や一定の課題に基づき発言(スピーチ)する指導・練習は足りません。できるようになるには、会話やスピーチについて勉強、練習することが必要です。

 

 

シンロアカデミーでは、ご希望の生徒さんには日本にいながら留学に匹敵するような授業を行います。実際の留学-高額な授業料だけでなく、渡航費用や宿泊費、滞在のための生活費-を考えると断然経済的ますし、また、効果としてもほんのたまに海外に行くよりもこつこつと日本にて定期的、継続的な授業を行う方が効果があがります。さらに留学では、ネイティブの先生の言う意味が理解できずに終わってしまつたり、集団授業なので、他の生徒さんの―英語なのか何なのかよくわからない―発言を聞かされるばかりでさっぱりわからず授業時間が無駄になったり、さらに自分が英語を話す機会はほとんどなかった、ということが起こります。聞く機会も話す機会も同じ時間を費やした費用を考えるとシンロアカデミーの方が効果が上がるといえます。


もちろん、留学をするなということではありません。留学にはそれなりの良さがあります。
―異文化に触れることでこれまでの自分の固定観念を覆す、これまでの自分が常識だと思っていたことが決して常識ではなく、北が上で南が下だなどという地図上の考え方ではなく、太陽系の中では地球に上も下もは存在しないということ、日本ほど安全な国はなく、実は生きるということが危険を乗り越えることであったのか、、などなどー

 

としても私はまずは留学に出るまでに日本での勉強を勧めます。語学学校での留学先では下のレベルは韓国人と日本人ばかり、国籍制限をしている学校でも生徒の英語レベルが低いので授業では「何を言っているのかがわからない」、となってしまいます。単なる観光ではなく、真剣に効果的な留学を考えるのなら、まずは日本でしっかり勉強して、留学先では是非、上級レベルで学んでいただきたいと思います。

 

「まず学校の成績を上げたい」、「学校の成績は問題ないので、さらにネイティブのように話せるようになりたい」「資格試験の上位をとりたい」「今後の大学の英語試験に対応できる実力を早めに身に着けたい」「将来国際的な舞台で活躍できるような英語力をつけたい」と、生徒さんの希望は様々です。それぞれの希望を叶えるために全力で授業を行います。

あなたも是非始めてみませんか。英語圏の考え方を学ぶことにより、単に英語ができるようになるだけでなく、自分の世界は広がり、幅広い視点で物事を捉えるようになり、考え方も変わってくると思います。まずは体験授業をしてみてください。

 

楽しく勉強をしよう!

 

人の脳というものは、自分が「好きだ、楽しい」と思うものに対し、よく働くという特徴があります。これまで勉強がさっぱりだったのに、私と勉強を始めて、学校の成績が上がったという子がたくさんいます。脳が、勉強が楽しいと思う方向に進んできているのです。

 

としても、一人一人個性があり、同じ方法ではうまくいかない場合があります。私の生徒さんには対人関係の苦手な子、不登校の子、対人関係はうまく明るい子なのだけれども勉強は苦手である子などなどもいます。それぞれ何は好きだけれども何は好きではない、などと言ったりしますが、そこをその子の個性に合わせ、勉強が好きになるような工夫をしています。これは初めにその子に会ってすぐにわかるものではないので勉強の過程でその子の反応をみて好きになるように方法を変え、導いていきます。そんな中、嫌いと言ってはいたものの実はそうでもないな、と感じ始め、勉強ができるようになっていきます。少しずつ時間をかけて勉強好きになるようにもっていきましょう。

 

 

「勉強が好きだ、楽しい」と脳に感じさせることが、勉強をできる方向に導いていきます。そんな勉強方法を是非一緒に見つけ、これからは勉強が好きになるような勉強をして、できるようになりましょう。  

 

少しでも楽しい勉強になるように!

 

 生徒が飽きずに少しでも楽しく勉強できるよう、国内のみならず海外教材を比較検討研究して、シンロアカデミーの授業に取り入れています。また、授業を通じて生徒さんのレベルや好みを知り、また希望を聞き、今後の教材、勉強法を決めています。

海外教材としては以下のものです。
・小中高校の教科書
・10代用の地図帳や理社に関する絵入りの解説本、資料集
・大学のESL(英語を母語としない留学生が英語力を補強するために履修する科目)の授業で用いる教科書

・文化や歴史に関する書籍
・近年の政治、経済、国際、社会一般の時事教材


授業で用いる教材、指導法は日々の研究により常に進化しています。1年後には違う教材を使って、さらに進んだ授業になっているとお考え下さい。