· 

孟浩然「春暁」

先日、S中学3年生の定期試験対策で漢詩の授業をしました。その中の一つ、孟浩然の「春暁」を紹介します。

 

左から右に読んでください。

 

春眠暁を覚えず

しゅんみんあかつきをおぼえず

 

処処啼鳥を聞く

しょしょていちょうをきく

 

夜来風雨の声

やらいふううのこえ

 

花落つること知る多少

はなおつることしるたしょう

 

問題1 この詩の形式を答えなさい。

答 五言絶句

解説 4つの句からなる詩を絶句(ぜっく)といい、この漢詩では、「春眠不覚暁」を1句と考えます。春暁は4つの句からなるので絶句です。そして、1つの句が5文字からなっているので五言絶句(ごごんぜっく)となります。

 

問題2 この詩の韻を答えなさい。

答 暁(Gyou)、鳥(Chou)、少(Shou

解説 五言絶句では、原則として第2句末と第4句末に同じ響きの語が置かれますが、この春暁は例外で、第1句末、第2句末そして第4句末が押韻となっています。

 

問題3 この詩を現代語訳せよ。

答 

春の心地よい眠りで、夜が明けるのも気づかない。

 

あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえてくる。

 

昨夜は風雨の音がしていたなあ。

 

いったいどれほどの花が散ったのだろうか。

 

語彙解説 

暁: 太陽の昇る前のほの暗いころ、夜明け、明け

覚: 気づくという意味

不覚: 気づかない

処処: あちらこちら

夜来: 昨夜

SV知多少: いったいどれほどのSVしたのだろうか。